JR名古屋駅コインロッカー構内図

 JR名古屋駅のコインロッカーを画像付きで掲載しています。名古屋駅は、通常4:30~24:30まで開いています。

 はじめての方は、名古屋駅エリア別ロッカーの探し方をご覧ください。

 JR名古屋駅のコインロッカーの場所と料金と時間と個数をまとめた一覧表です。

番号場所時間料金個数
市バスターミナルの降車場の前5:50~23:40300~800円88個
桜通口の宝くじ売り場の横4:30~24:30300円・600円63個
名古屋駅桜通口のドトールコーヒー隣り4:30~24:30300~700円108個
広小路口のマリオットホテル入口前の通路4:30~24:30400~600円189個
広小路口の近鉄名古屋駅地下への階段横4:30~24:30400~700円68個
太閤通口のJR名古屋駅高速バスターミナルの待合室内6:00~23:30300~700円20個
中央通路の鉄道警察横の奥4:30~24:30400~800円478個
名古屋駅桜通口の徒歩3分の地下1階4:30~24:30300~800円300個
新幹線改札口から太閤通口の地下へ徒歩2分5:00~24:30300~600円197個
新幹線改札口から約35m先4:30~24:30400円53個

①市バスターミナルコインロッカー

 桜通り口の市バスターミナルの降車場前の通路に設置されているコインロッカー。88個あり。

小: 300円×28個

中: 500円×18個

大: 600円×26個

大: 700円×8個

特大: 800円×8個

名古屋駅 ①市バスターミナルコインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

②桜通口宝くじ売り場横コインロッカー

 JR名古屋駅桜通口の宝くじ売り場横のコインロッカー。63個あり。

小: 300円×51個

大: 600円×12個

名古屋駅 ②桜通口宝くじ売り場横コインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

③桜通口ドトールコーヒー横コインロッカー

 名古屋駅桜通口のドトールコーヒー横のコインロッカールーム。合計108個あり。

小: 300円×23個

小: 400円×60個

中: 500円×24個

大: 700円×1個

名古屋駅 ③桜通口ドトールコーヒー横コインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

④広小路口マリオットホテル入り口コインロッカー

 名古屋マリオットアソシアホテルの入口前の通路付近にあるコインロッカー。合計189個あり。

※2018年2月に暗証番号タイプからQRバーコードタイプに変更となりました。料金も300円が400円に値上げとなっています。

小: 400円×123個

中: 500円×54個

大: 600円×12個

JR名古屋駅 ④広小路口マリオットホテル入口コインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

⑤広小路口 近鉄階段横コインロッカー

 ④の向かい側にある近鉄の地下改札への階段・エレベーター横にあるコインロッカー。2ヶ所、68個あり。

※2018年2月にSuicaやPASMOが使えるICロッカーが新しく設置されました。料金が300円が400円に値上げとなっています。

小: 400円×44個

中: 500円×12個

大: 600円×12個

⑤JR名古屋駅広小路口近鉄階段横コインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

⑥JR高速バスターミナルコインロッカー

 太閤通口のJR高速バスターミナル内に設置されているコインロッカー。奥の待合室とカウンター横の2ヶ所、20個あり。

小: 300円×10個

中: 500円×6個

大: 700円×4個

⑥JR名古屋駅高速バスターミナルコインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

⑦中央通路鉄道警察隊横コインロッカー

 中央改札口を出て左側、鉄道警察隊横の通路奥に設置されているコインロッカー。合計478個あり。

小: 400円×292個

中: 500円×101個

大: 600円×69個

大: 700円×8個

特大: 800円×8個

JR名古屋駅 ⑦中央通路コインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

⑧桜通口地下1階コインロッカー

 桜通り口外側のエスカレーター・階段を降りてすぐの鉄道警察隊横にあるコインロッカー。300個あり。

小: 300円×206個

中: 500円×67個

大: 600円×15個

大: 700円×12個

JR名古屋駅穴場 ⑧桜通口地下1階コインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

⑨太閤通口エスカ地下街コインロッカー

 太閤通口のエスカレーター・階段を降りてすぐ左側のエスカ地下街入口に設置されているコインロッカー。197個あり。

小: 300円×106個

中: 500円×63個

大: 600円×28個

JR名古屋 ⑨太閤通口エスカ地下街コインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

⑩中央通路新幹線改札口コインロッカー

 新幹線口を出てすぐの中央通路に設置されているコインロッカー。53個あり。

 2018年2月に増設された名古屋駅で一番新しいロッカーです。新幹線改札口から一番近い場所にあります。

小: 400円×53個

JR名古屋 ⑩新幹線改札口コインロッカー
場所・料金・サイズ・時間・日数

料金とサイズ

 名古屋駅のコインロッカーの料金は、300円の小サイズ、500円の中サイズ、600円と700円の台大サイズ、800円の特大サイズに価格設定されています。

 

小サイズはこのサイズが一番多くなっています。
横幅: 35cm 高さ: 31cm 奥行: 57cmと64cmの2種類あります

中サイズは、ほとんどがこのサイズです。
横幅: 35cm 高さ: 54cm 奥行: 57と64cmの2種類あり。

大サイズは、場所によって600円と700円の価格差とサイズに違いがあります。
横幅: 35cm 高さ: 84cm,113cm 奥行: 57と64cmの2種類があります。

特大サイズは、横幅46cm 高さ116cm 奥行64cmです。

名古屋駅エリア別ロッカー情報

 名古屋駅の各エリアの探し方をまとめました。

 ★名古屋駅は改札外に10ヶ所1,564個コインロッカーあり。

 名古屋駅で一番おすすめは、478個ある、ロッカーマップ ⑦ です。

新幹線改札口

 新幹線改札口から一番近いのがロッカーマップ ⑩ 新幹線改札口ロッカー。53個あります。太閤通口の地下街エスカ入口のロッカー ⑨ に197個あります。

太閤口

 太閤通口は、現在工事中のためコインロッカーがほとんどありません。太閤通口は地下街エスカの⑨へ。⑨の場所から通路を地下鉄方向へ歩いていくと、地下鉄の桜通線のロッカーがあります。別ページ参照。

桜通口

 桜通口には、コインロッカーがかなり多く点在しています。一番分かりやすいのがロッカーマップ③のドトールコーヒー前②宝くじ売り場横。2ヶ所とも分かりやすい場所にあるので、満杯になりやすいロッカーです。

 桜通口から少し歩きますが、地下のロッカーマップ⑧も236個あります。

広小路口

 ④のマリオットホテル入口が広小路口で一番分かりやすいロッカーです。すぐ近くの⑤近鉄階段横のロッカーもありますが、このどちらも混雑時にはすぐに満杯になります。ロッカーマップ ④ ⑤

 

改札内

 JR名古屋駅の改札内にはコインロッカーはありません。

※東京駅、新宿駅、品川駅、池袋駅、大阪駅、新大阪駅、京都駅、姫路駅、広島駅など国内のターミナル駅では、改札内にコインロッカーが設置されていますが、名古屋駅にはありません。JR東海エリアでは、改札内にロッカーを設置している駅はほとんどありません。

高速バスターミナル

 太閤通口のJR名古屋駅高速バスターミナル内の待合室とカウンター横にコインロッカーがあります。数は20個とかなり少なめです。ロッカーマップ ⑥

穴場ロッカー

 名古屋駅で穴場ロッカーは、地上部分にはありませんので、地下鉄桜通線や東山線のロッカーが狙い目です。新幹線改札口からロッカーマップ⑨へ。そこに空きがなければ地下鉄桜通線の通路内にもコインロッカーが200個以上あります。地下鉄『名古屋駅』のロッカー情報

 名古屋駅周辺で穴場と呼べるロッカーはありますが、おそらく一番の穴場は名鉄名古屋駅バスセンターの⑤です。31個と数は少ないのですが、大型連休時や夏のお盆の時期も含めてこのロッカーが満杯になった状態を見たことがありません。かなり不便な場所になりますので、おすすめはできません。名鉄名古屋駅ロッカーマップ ⑤

名鉄名古屋駅

 名鉄名古屋駅にはロッカーがかなり少ないです。JR広小路口から歩いてきて宝くじ売り場の横にあるロッカーが最大で72個あります。名鉄名古屋駅ロッカー情報

近鉄名古屋駅

 近鉄名古屋駅には、2ヶ所239個ありますが、300円ロッカーの数は多いのですが、大阪サイズの通常より小さめのロッカーです。近鉄名古屋駅ロッカーマップ

地下鉄名古屋駅

 JR名古屋駅の地上部分で空きが見つからないときには、地下鉄へ。東山線と桜通線で合わせて9ヶ所540個あります。かなり空いている場所もありますので、困ったときは地下を探すことをおすすめします。地下鉄名古屋駅のロッカーマップ

名鉄バスセンター

 名古屋駅周辺の穴場ロッカーです。かなり歩きますので、おすすめはできません。名鉄名古屋駅ロッカー ⑤

名古屋駅のコインロッカー混雑状況は?

 名古屋駅のコインロッカーは、平日でもかなり混雑しています。平日の午前中は、桜通(さくらどおり)口、太閤通(たいこうどおり)口、広小路口のすべての場所のロッカーに空きがありますが、午後に入るとかなり混雑します。

 土日休日は1階の地上部分にあるロッカーは満杯に近い状態になります。

国内最悪の名古屋駅コインロッカー不足

 旅慣れたビジネスマンや旅行者の多くが口をそろえるのが、名古屋駅周辺のコインロッカー不足です。特に新幹線改札口周辺のロッカーが見つからない状況は深刻です。

 一時期、北陸新幹線開業直後の金沢駅のコインロッカー不足が話題になっていましたが、混雑時の名古屋駅のロッカー不足は国内最悪と表現しても差し支えないレベルです。

周辺駅のコインロッカー状況

 無理にJR名古屋駅で探すよりも、地下をまず探すことをおすすめします。荷物を持ったまま歩くのはかなりしんどいのですが、名鉄や近鉄のロッカーが空いている場合も多いので、そちらを探すこともひとつの方法です。

 行動予定次第ですが、地下鉄の栄、伏見駅にもロッカーがあります。

名古屋駅ロッカーの利用期限は何日まで?

 JR名古屋駅のコインロッカーの使用は3日までとなっています。それを超えた場合は、管理会社での保管となります。別途保管料金がかかりますのでご注意ください。

24時間ロッカー

 名古屋駅構内には24時間利用できる屋外タイプのロッカーはありません。JR名古屋駅の構内は、5時から25時まで空いていますので、出し入れに不自由を感じることは少ないと思います。

無料ロッカー

 取り出しの際に100円玉が戻ってくるタイプの無料ロッカーは名古屋駅にはありません。各施設にはあるかもしれませんが、施設利用者や買い物客のみ利用できるタイプのロッカーです。

預ける荷物のサイズ別

スーツケース

 スーツケースが入る大型サイズロッカーは名古屋駅構内のすべての場所にあります。料金は600円、700円、800円に設定されています。ロッカーマップへ

ギター・サックス

 ギターやベースを入れるケースのサイズにもよりますが、高さ113cm、奥行35cm、幅57cm以内に収まっていれば、700円のロッカーに入ります。さらに、名古屋駅には特大サイズの高さ116cm、幅46cm、奥行64cmのロッカーもあります。ロッカーマップ ① ⑧

 サックスは、テナーサックスであれば600円、700円の大サイズに入ります。こちらもケースの大きさ次第です。基本的に大型サイズの多い、ロッカーマップ ① ⑦ ⑧ をおすすめします。

ボストンキャリー

 合宿などの際には大変便利なボストンキャリーですが、かなり大きいので、高さ113cm、奥行35cm、幅64cmに収まっているサイズであれば、700円サイズに入ります。それよりも大きいサイズでも特大ロッカー(116cm × 46cm × 64cm)がロッカーマップ ① ⑧ にありますので、こちらには入る可能性が高いです。

輪行バッグの自転車

 輪行バッグに入れた自転車が入るロッカーは名古屋駅のロッカーマップ ① ⑧ に特大サイズがありますので、そちらのロッカーには入る可能性が高いです。ただし、寸法が高さ113cm、幅46cm、奥行64cmを以内に収まっている必要があります。

1泊した荷物の料金切り替えのタイミングは?

料金の切り替え時間は、午前0時のところがほとんどです。ロッカーマップ⑨の太閤通口地下街エスカのロッカーのみ午前1時のところがあります。

 名古屋駅のコインロッカーで1泊した荷物の追加料金の精算は取り出すとき支払います。暗証番号タイプのICロッカーでは、取り出し時の画面操作で追加料金の支払い表示が出てくるシステムになっています。

鍵なし暗証番号タイプのロッカーの使い方

 名古屋駅には鍵のない画面操作で出し入れを操作するタイプのICコインロッカーがほとんどです。SuicaなどのICロッカーの使い方は日本中ほとんど同じなので、一度覚えておくと大変便利です。

 使い方は、

  1. 先に荷物を入れる
  2. 画面を操作する
  3. 料金を支払う
  4. レシートを受け取る

 です。取り出し方や使い方は以下のページで解説しています。

 預け入れの際に使用したSuicaやレシートは絶対になくさないようにご注意ください。実際にSuicaを紛失した事例があります。↓

ロッカーに忘れ物をした時

 残念ながら見つかる可能性は低いのですが、もしかしたら管理会社に届いているかもしれませんので、コインロッカーの上や扉の裏に書いてある電話番号に電話してみることをおすすめします。

2018年春に名古屋駅のコインロッカーが増設されました

 2018年2月から3月にかけて、名古屋駅のコインロッカーが増設されました。

 2017年12月現在で、JR名古屋駅には1260個コインロッカーを確認していますが、新規に1ヶ所増設され合計で1560個に増えています。

 従来から名古屋駅の新幹線改札口周辺にコインロッカーが存在しない点をネット上でも多数指摘されていましたが、JR新幹線改札口から近い中央通路内に新しく1ヶ所増設されています。さらに、駅構内のコインロッカーの1階部分はすべてSuicaやPASMO対応のICタイプのロッカーに置き換えとなっています。

 これまでも名古屋駅最大だったロッカーマップ⑦の鉄道警察横のロッカーが、さらに約160個増設されています。

 ただし、従来から指摘されていた乗り換えが多い名古屋駅の改札内へのロッカー設置は引き続き行われていません。JR東海管内の駅では、改札内にコインロッカーがほとんど設置されていないため、残念ながら今後も設置されることはないようです。

■更新履歴
2018年3月28日 駅構内の新設ロッカーや数量変更情報を更新しました。

そのコインロッカー料金
無料にできるかも

■よく検索されているページ