【厳戒!!東京のロッカー閉鎖】アメリカ大統領来日時に使える手荷物預かりサービス

 2019年5月25日-28日にアメリカのトランプ大統領が国賓として来日予定です。前回2017年と同様の厳戒態勢の警備が実施される模様です。

 観光や出張などで東京へ行かれる予定の方は、コインロッカーや手荷物預かり所などの手荷物を一時的に保管できるサービスが使用できません。

アメリカ大統領の警備体制が強化されます

 特に今回の来日では、山手線の内側だけでなく、両国周辺や千葉県内でもコインロッカーの使用規制が実施される見込みです。この期間中に、東京都心部へ行かれる予定の方は最大級の警備体制への理解と手荷物預かり所が利用不可への対策が必要です。

 前回2017年のトランプ大統領来日時のコインロッカーと手荷物預かり所の規制情報を参考に、今回の来日時の規制状況をまとめてみました。

2019年5月のトランプ大統領の訪日予定

駅や空港は最高レベルの警戒へ

 5月に即位された天皇陛下の初の外国首脳として、トランプ大統領が来日します。日程は、5月25日から28日まで。事前に報道機関から発表されている内容は以下の通りです。

主な日程

25日土曜日 来日
26日日曜日千葉県内でゴルフ 国技館で夏場所の千秋楽
27日月曜日午前 天皇皇后両陛下と会見
午後 迎賓館で日米首脳会談
28日火曜日海上自衛隊護衛艦かがに乗船予定 離日
アメリカ大統領専用機エアフォースワン

 前回はアメリカ大統領専用機は羽田空港ではなく、横田基地へ着陸後に都内へはヘリコプターでの移動となりました。今回は未定です。

 日程上、今回は千葉県内でのゴルフや両国国技館での相撲観戦などが予定されているため、前回よりも広範囲に警備が実施される見込みです。

早ければ20日からコインロッカーが規制開始!!

山手線など鉄道の規制は1週間前からスタート

 前回2017年の来日時には、1週間前からコインロッカーの張り紙や規制がスタート。前日までに山手線内のJR、私鉄、地下鉄のほとんどが使用できない状態となりました

 規制開始までに取り出されなかった荷物は、別途保管場所での強制保管となっていた模様です。今回は、両国駅周辺の総武線沿線のコインロッカーも広範囲に規制される見込みです。

東京駅・新宿駅・品川駅・渋谷駅・池袋駅など主要駅は全滅です!!

東京のロッカー使用全滅の記録  アメリカ大統領の来日時には、東京駅、新宿駅、品川駅、渋谷駅、池袋駅、上野駅、秋葉原駅などの主要ターミナル駅については、完全にコインロッカーが閉鎖となります。

 在日アメリカ軍の施設がある神奈川県内でもコインロッカーの閉鎖が実施されることが多くなっています。

 警備の関係上、霞が関や赤坂などは厳戒態勢となりますので、可能な限り荷物は宿泊するホテルに預けるなどの対策が必要です。

2017年11月のトランプ大統領訪日時の警戒態勢まとめ

閉鎖期間

 トランプ大統領は、11月5日から7日まで日本に滞在。大統領専用機は、横田基地に飛来。都内へは空路での移動となりました。

閉鎖された駅のロッカー

東京のコインロッカー22,000個以上が使用不可に

 東京の主要駅のロッカーのほとんどが11月4日から7日までは完全に閉鎖となりました。集計できる範囲で、22,000個のコインロッカーが期間中は利用できませんでした。

 大雑把な地図ですが、こんな感じ↓です。

利用できないコインロッカーのまとめ地図

JR

 東京、品川、新宿、渋谷、池袋、新橋、有楽町、上野、秋葉原、神田、御徒町、恵比寿、浜松町、信濃町、四ツ谷、市ヶ谷、北千住、横浜、新横浜11月1日以降順次閉鎖となりました。11月3日以降のところがほとんどでしたが、1日に閉鎖された場所もあります。

 東京駅の手荷物預かり所も、アメリカ大統領来日の前日の11月4日から離日する7日までは完全閉鎖となりました。

東京メトロ

 東京メトロの主要駅など閉鎖対象駅は、10月31日より閉鎖が開始。

都営地下鉄

 都営地下鉄の新宿駅、大手町、新橋、六本木、麻布十番、新宿西口、市ヶ谷は11月3日以降閉鎖となりました。それ以外でも閉鎖となるロッカーが部分的に発生していた模様です。閉鎖は8日まで継続。

私鉄

 新宿、渋谷、池袋周辺の私鉄各駅は閉鎖対象となっていました。10月31日より順次閉鎖が開始となりました。11月4日以降は新宿、渋谷、池袋の私鉄駅では閉鎖となったロッカーが多数ありました。

ロッカーが使用できた駅

 東京23区を出て八王子、立川方面ではロッカー閉鎖は実施されず、、周辺市部では利用できたようです。また、りんかい線やゆりかもめなどお台場周辺のロッカーは規制はなく、利用できました。

 警備による閉鎖期間中に利用できた駅を山手線をぐるり回りながら調べてみたものです。

 山手線は、神田、御徒町、鶯谷、西日暮里、田端、巣鴨、大塚、目白、高田馬場、新大久保周辺、代々木、原宿、恵比寿、目黒、五反田、大崎、田町、浜松町は、駅のコインロッカーの閉鎖がありませんでした。

 中央線総武線は、水道橋、両国はコインロッカーの閉鎖がなく利用できました。

周辺地域

横浜・川崎

 川崎駅は、JR、京急ともに閉鎖となりました。

 JR横浜駅は駅構内はJR、京急、東急みなとみらい、相鉄が閉鎖となりました。地下鉄ブルーライン横浜駅コインロッカーの閉鎖はありませんでした。

神奈川県内

 厚木、海老名、大和、藤沢、茅ケ崎など米軍厚木基地周辺のロッカーは一部閉鎖が確認できましたが、周辺の全駅が対象ではなかったようです。

ディズニーランド

 東京ディズニーランド、ディズニーシー周辺のJR舞浜駅、パーク外のコインロッカーともに閉鎖はありませんでした。

 東京ディズニーリゾートのコインロッカー情報は下記ページに掲載中です。

空港の警戒態勢

駅や空港は警戒態勢

 羽田空港を中心に、国内の空港の警戒レベルは高くなっていました。空港の保安検査は、相当時間がかかっていた模様で、ツイッターなどでは保安検査の長時間待ちの情報も流れていました。交通機関での移動は早めのスケジュール調整が必要だった模様です。

羽田はロッカー閉鎖

 羽田空港は、大統領専用機が飛来することはありませんでしたが、第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナルともにコインロッカーは閉鎖されていた模様です。

宿泊施設の対応

 東京都心部のホテルの多くが、コインロッカーの閉鎖に対応して宿泊者の荷物の預かり時間拡大などの対応を取っていました。

 事前にホテルへの荷物の発送や帰りの荷物のホテルからの発送への対応など、各ホテルで個別の対応がかなりあった模様です。

ロッカー閉鎖に備えて

荷物は軽量コンパクト化

荷物はコンパクトに

 できるだけ荷物は軽量化を。重い荷物や大きい荷物は可能な限り避けて、コンパクトにすることをおすすめします。

荷物は発送

荷物はホテルで預かってもらうこともできます

 宿泊するホテルで事前に預かってもらうことができる場合が多いので、宿泊するホテルに問い合わせをされることをおすすめします。

 また、事前にホテルなどの宿泊先に荷物を発送するという方法も便利です。事前に宿泊先のホテルに連絡が必要な場合もありますのでご注意ください。

 発送時は、ホテルの住所 + ホテル名 + 宿泊予約者の氏名 + 宿泊予約日を記載すること。ナイロンのキャリーバッグは大きめのビニール袋をかぶせておいた方が、水濡れや汚れの心配がありません。

■地方から東京へ発送した時の料金
 札幌→東京
ゆうぱっく 1,380円 ヤマト1,585円 佐川1,728円

仙台→東京
ゆうぱっく 1,060円 ヤマト1,261円 佐川1,296円

広島→東京
ゆうぱっく 1,280円 ヤマト1,477円 佐川1,512円

福岡→東京
ゆうぱっく 1,480円 ヤマト1,693円 佐川1,728円

※100サイズ、持ち込み割引を適用した場合の料金です。料金は、2017年11月のもの。

手荷物預かりサービスのまとめ

駅周辺の手荷物預かりサービス

 警備期間中の主要手荷物預かりサービスの利用可否情報を整理しました。

 コインロッカーだけでなく、手荷物預かりサービスも5日から7日まではほぼ利用不可でした。

■JR東京駅改札内
〇地下1階グランスタ 600円~
11/4 , 5, 6 ,7 閉鎖

■佐川急便手ぶら観光手荷物預かり
〇東京駅改札外 800円 11/4 , 5 , 6 , 7 閉鎖
〇浅草雷門 800円 11/5 , 6 , 7 閉鎖
〇バスタ新宿 800円 11/5 , 6 ,7 閉鎖
〇スカイツリー 500円 利用可 (スペースの関係で預かりできない場合もあり)
詳しくはこちら

■新宿京王ねこのてカウンター 1,000円 利用可 (スペースの関係で預かりできない場合もあり) 詳しくはこちら

■東急渋谷ちかみち 600円 11/4 , 5 , 6, 7 閉鎖
詳しくはこちら

■バーチャルロッカー 新宿
店頭カウンター預かり 500円
新宿駅各改札口 700円
詳しくはこちら

スマホで予約の手荷物預かりサービス

スマホで予約できる手荷物預かり

 代替の手荷物預かりサービスは、ecbo cloak さんがおすすめ。東京都内のカフェなどの店舗で手荷物を預かってくれるサービスです。料金は、荷物の大きさによって、300円か600円。事前に利用する場所、時間、荷物数の予約が必要です。詳しくはこちら

 今回、調べた限りでは、ecbo cloak (エクボクローク)の手荷物預かりサービスが一番使いやすいかなという印象です。ただし、預け入れる店舗によって数がかなり違う点、営業時間に注意が必要な点がありますので、ご利用時には必ず確認を。

 以上、2017年11月5日から7日までのトランプ大統領の来日によるコインロッカー閉鎖情報をまとめました。今後の大規模警備の際の参考になるかと思います。